横浜国立大学 人間教育学部|大学院 環境情報学府
安藤研究室では、社会老年学(ジェロントロジー)、高齢者心理学、人と動物の関係学を中心に研究を行っています。

大学院

環境情報学府 環境イノベーションマネジメント専攻

安藤研究室の研究分野

「社会老年学」(ジェロントロジー)
これからの高齢社会のあり方を構想し、より良い高齢社会を実現するために必要な研究分野です。また、高齢者の生活を新たな視点からプランニングして、サクセスフル・エイジングを可能にするためにも必要な研究分野です。社会の構造を変化させたり、個々の生活を改善したりする際に鍵となるのは、新しい考え方を取り入れて、新しい考え方を取り入れて、新たな価値を生み出すという「イノベーション」の考え方でしょう。安藤研究室では、イノベーションという視点から、高齢社会や高齢者の生活に関わる様々な問題・課題に取り組んでいます。
「人と動物の関係学」(ヒューマン・アニマル・ボンド・スタディーズ)
人と動物の関係を中心に据えながら、それらを取り巻く社会や環境を含めて、ダイナミックに変化する関係性の諸相を学際的な視点で解き明かそうとする研究分野といえます。近年、たくさんの犬や猫が私たちとともに生活するようになり、そのような動物たちに対する呼び方も、従来の「ペット(愛玩動物)」から家族の大切な一員である「コンパニオン・アニマル(伴侶動物)」へと変化してきました。さらに今後は、人口減少・少子高齢社会といわれる日本社会の変化とともに、新たな展開が予測される人と動物の関係について、主に心理・社会的な視点から研究しています。
「社会老年学」と「人と動物の関係学」
何ら接点のない二つの研究分野のように思われるかもしれませんが、実は「高齢者と動物の関係」ということで繋がっています。社会老年学の一つの研究テーマとして取り組んできたものが、現在では、高齢者に限定することなく、さまざまな年代の人と動物の関係へと広がり、さらに研究が深化しています。

安藤研究室のメンバー

院生の多くは仕事をしながら研究活動に取り組んでいます。現在(平成27年度)、後期の院生は10名を超え、前期の院生を含めると、20名弱の大所帯です。それぞれの研究テーマは仕事と直接かかわる内容であることが多く、取り組みや成果が仕事の現場へとフィードバックされることもあります。時間のやりくりなど、仕事と研究の両立は大変ですが、長期履修制度などを活用して研究に取り組んでいます。
留学生もたくさんいます。中国、韓国、インドネシア、モンゴル、イスラエルなど、さまざまな国から来ています。急速な人口の高齢化に対応した日本の施策や取り組みがこれからのアジア諸国の参考になるということでしょう。